FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

倫敦その3 (London Nature History Museum)

暑さから逃れ、ロンドン自然史博物館です。
こないだまで上野の科学博物館でも展示会をやっていましたね。
英国では博物館や美術館は入場無料のものが多く、ここも無料。
進化論で有名なダーウィンセンターがあり、好きな人は半日は潰せるかも。
旧館の外観です(写真は撮り忘れましたが、新館は超近代的)。
自然史博物館
壁面には怪しげな動物の彫刻、プテラノドン?
プテラノドン?
犬?とシーラカンス?
犬?
中に入ると、まずはドードの剥製がありました。世界ではここにしかないらしい。
このほかにも恐竜関連の展示など盛りだくさん、すごいです。
dodo.jpg
昆虫関連も発見、昆虫の口に関する展示
口の働き
巨大アゲハ(キアゲハに近い種、Swallow Tail)と幼虫
Swallowtail.jpg
屋外にはビオトーブ風の庭があり、池でイトトンボその1を発見
帰国後、調べると名前は White-legged Damselfly pair ovipositing 
確かに足が白いような。
以下のサイトで調べました。
https://british-dragonflies.org.uk/
イトトンボはDamselflyと呼ぶようです。
イトトンボLondon
イトトンボその2もいました。真っ赤かですね。
これも帰国後、調べると、名前は Small Red Damselfly
小さい、赤いイトトンボ そのまんまの名前ですね。
現地では、そばにいた自然保護ボランティアらしき、おばさんに名前聞いたら(ナンパではなく、イトトンボのですよ)、
「わからないので博物館の売店で図鑑を買って調べてね」的なことを言われました。(推測を含む)
ただし、植物について聞いてくる人はいても、トンボの写真を撮っている人は珍しいようで、
喜ばれました(多分)。
イトトンボLondon2
運よく、バタフライファーム(温室)も期間限定で開設されてました。(ここは有料ですが、)
各種、熱帯蝶をご覧ください。(そのうち名前を調べよう)
buterfly-farm.jpg
タテハ系?
蝶6
不明?調べたら白いモルフォ蝶でした。
蝶4
ナガサキアゲハ似?
蝶2
イチモンジ系?
蝶5
開翅状態
蝶1
驚いたのは係員おねいさんが持っていた、ヘンテコな蛾。
写真としては青Tシャツ&赤ジャージが残念!!
マダガスカルオナガヤママユとういう名前だそうです。(P母さんありがとう)
Moth.jpg

イギリス(ロンドン近郊)の虫さん事情 (数日の滞在なので個人的な見解です)
 基本的に数も種類も少ない (同定しやすい)
 市街地だけではなく、田舎に行っても同じ
 甲虫類は全く見られない
 アリも見なかった(蜂はいた)
 蝶は日本のものと近似種が多い(写真にはないがキアゲハ、シータテハを見た)
アメリカも同様な感じだな、何でかな?

以下はおまけです。
近頃、欧米ではKOMBUCHAが流行しており、自然食品系スーパーで人気のようです。
ただし、これは昆布茶ではなく、紅茶キノコ系(古い)発酵茶のようです。
ピンクの昆布茶はないよね!度胸がないので試しませんでした。
kombucha.jpg
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

お帰りなさいマセ。
ヘンテコな蛾を見て大興奮!
見たことがあります!
学研の図鑑で。。。
マダガスカルオナガヤママユ。
これを生で見たなんて羨ましいです。

外気30℃で受付のおねいさんは、商売っ気もなく、
「中はもっと暑いよう」などと脅しをかけてきました。
意地になって、5ポンド(700円ぐらい)払ったか価値はありましたかねえ。
あの蛾はマダガスカルものなんですか。
よく見ると蛾の上に白い繭見えます。
羽化したての新鮮個体だったようです。
日本ならあってもいい、種名とかの説明パネルもなく
大雑把な展示でした。
でも、おねいさんの青Tシャツと特に赤ジャージは
勘弁ですね。
プロフィール

Ash

Author:Ash
北海道札幌市生まれ
横浜市北部在住♂
近所の公園に出没し、花鳥風月を気まぐれに撮影

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。